【後景草】ロタラ・インディカの育て方

ロタラ・インディカロタラ

草体がグリーンロタラに似ている「ロタラ・インディカ」。
自然界では、湿地帯に生えており、水上化している事が多いです。

「レイアウトに赤系がほしい」なんて場合、真っ先に思い浮かぶ水草の一つですね。
それくらいアクアリウムではおなじみの水草なんですよ。

ちなみに、ロタラの和名は、キカシグサと言います。
日本に自生しているのは「ミズキカシグサ」と言って、絶滅危惧種に指定されています。
勝手に採取しないように注意してくださいね。

ロタラインディカの学名には謎が多いぞ。indica(インディカ)はあくまで流通名であって学名ではない。
育成データには「Rotala rotundifolia var.」と書いたが、これも正しくない可能性があるぞ。
スポンサーリンク

難易度

初心者でも簡単に育てる事ができます。
難易度は低い方です。

ただし、葉を真っ赤に染めるとなると、話は別。
草体を真っ赤に染めるとなると、一気に難易度が上がります。

赤く育てるポイントは、「光量」「CO2」「鉄分」が鍵。
その中で最も重要なのが、光量。

光量が強ければ強いほど赤くなります。

栄養不足になると、少ない栄養を新しい葉(新芽)に集中させようとするため、下葉はどんどん弱っていきます。
ある程度は仕方ないですが、あまりにもひどいと、みすぼらしい草体に・・。

足りない養分を見極めて、状況に応じて適切な肥料を与えましょう。

水草の肥料は難しい!栄養素の話と私がオススメする肥料3つを紹介!
水中で育つ「水草」は光やCO2などすべて私達アクアリストが用意しないといけません。 その中でも特に厄介なのが「肥料」です。 何も考えずに適当に添加するとコケるし、何もしなければ栄養不足で調子を崩してしまいます。 そこで、今回は栄養素の種類と肥料を与えるタイミングなど肥料について解説していきます!

また、稀に倒れるように伸びる個体もあり、レイアウトとして不自然になってしまう場合があります。
ほとんどは、上に伸びようとするので、問題ないかと思います。

スポンサーリンク

特徴

ロタラ・インディカは、なんといっても草体が赤く色付くのが最大の特徴。
葉を上に立てた真っ赤なロタラインディカとライトグリーンの葉を持つグリーンロタラとの組み合わせは非常に美しいです。

レイアウトの王道ですね!

成長速度もそれなりに早いのも特徴の1つ。
最初は少量でも再植栽を繰り返すと、あっという間に水槽全体を覆うほどの量になります。

密に生えているロタラ・インディカは、本当に美しいですよ。

レイアウトでは、後景の「ワンポイント」として使われることが多いです。
記事冒頭の動画みたいな感じですね。

また、成長速度が早いことから、比較的すぐに栄養不足になってしまいます。
ソイルを使った方が、逞しく、綺麗に育てることができますよ。

ただし、草体を赤く染めるのに一番重要なのは光量。
ソイルを使わなくても、定期的に肥料を与えれば、立派に育てることは可能です。

いくら綺麗だからって、赤系は植えすぎると微妙だ。
メインで使うよりもワンポイントとして使うのがコツだぞ。

育成データ

名称 ロタラ・インディカ
学名Rotala rotundifolia var.
難易度★★☆☆☆
カテゴリ後景草
水質 弱酸性〜弱アルカリ性
硬度0〜6
光量2灯以上できれば4灯以上
CO2添加1滴/ 2秒
価格 10本で¥600〜¥700

iconicon

charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

植え方

1本づつではなく、数本まとめて植えるとGOOD!
完成した時に隙間なく生い茂ったロタラ・インディカの群生を作ることができます。

また、後ろの葉を高く植え、前面に近づくにつれて低くしていくと、立体感のあるレイアウトができます。

レイアウトについて
水槽のレイアウト作りでは、人によって美しいと感じたり、美しくないと感じたり様々です。 レイアウト作りは正解が存在しないところが面白くもあり、難しくもあります。 しかし、人間が美しいと感じる比率や美しく見える構図など、レイアウトに...

これは後景草ほとんどに使える技なので、覚えておくと、後々役に立つかもしれません。

トリミングの仕方

ロタラ・インディカの茎を適度な長さにカット。
ピンチカットと言います。

トリミングする際も一番手前を低く一番奥を高くカットすると、立体感のあるレイアウトができます。

また、光が強く当たる箇所は成長が早く、逆に当たらない箇所は成長が遅くなります。
これでは、でこぼこしたレイアウトになってしまうので、深くカットしたり、浅くカットしたり工夫しましょう。
より一層美しいレイアウトが作れますよ!

ピンチカットした上部を再度植える(再植栽)こともできます。

再植栽を繰り返すと、どんどん量が増えて、より完成されたレイアウトになります。

また、いくら状態が良くても、少しずつ下葉は古くなっていきます。
葉が溶けて、みすぼらしくなるだけでなく、コケの原因にもなります。

古すぎる下葉は、捨ててしまいましょう。

ロタラ・インディカの販売情報

ロタラ・インディカが購入できるショップ情報はこちら!

charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する
タイトルとURLをコピーしました