陽性と陰性について:陽性の水草と陰性の水草の違いとは

知識

水草は大きく分けると、光量を多く必要とする水草とあまり必要としない水草があります。

前者の水草を、陽生植物と言います。
色合いが薄く、成長がとても早いのが特徴。

後者の水草を、陰性植物と言います。
色合いが濃く、深みのある感じになります。
成長は非常に遅いです。

陽生水草の例

陽性の水草は、成長が速い水草が多く、高光量と肥料分を必要とします。
例えば、グリーンロタラのような明るい色合いの水草が陽性で、綺麗に育てるにはたくさんの光量と養分そしてCO2が要求されます。

 

グリーンロタラ
icon

icon icon

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

陰生植物の例

逆に陰性植物は、あまり光量と肥料分を必要としません。
照明やCO2等の機材がない初心者でも比較的簡単に育てることができます。

ただし、成長速度が非常に遅いため、「なかなか増えないコケが付着しやすい」といったデメリットがあります。
例えば、アヌビアスナナのように落ち着いた葉色の水草が陰性で、成長速度がとても遅いのが特徴です。



アヌビアスナナ
icon

icon icon

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

レイアウトではどう使う?

陽性植物と陰性植物をごちゃごちゃに混ぜて植えてしまうと、統一感のないレイアウトになってしまいます。

なので、水槽をレイアウトするときは、全体に陽生植物を配置して、ポイントとして部分的に陰生植物を使うと良い感じにまとまります。
具体的には、レイアウト上どうしても光が届きにくい場所に陰生植物を植える感じですね。

また、陰性植物の中には光量が強すぎると溶けてしまう種類もあるので、植える位置は注意が必要です。

また、陽生・陰性植物、どちらにも言えることですが、夜になると呼吸をメインに行ないます。
夜間時はエアレーションをしてあげましょう。

陽性の水草水槽

 

陽性水草メインの水槽はいっぱい植えると、なんか「陽性」っぽさが出て綺麗だぞ。

 

陰性の水草水槽

 

陰性水草メインの水槽は、「荒涼とした」レイアウトが美しい。
もちろん、陰性植物いっぱいの水槽も綺麗だが。

 





|熱帯魚一覧||HOME||水草一覧|
タイトルとURLをコピーしました