【グッピー】ブルーグラスグッピーの飼い方

ブルーグラスグッピーグッピー/めだか

ブルーグラスグッピーは、人の手によって生み出された品種。
青い尾ヒレがとっても綺麗ですよね。

人の手によって作られた魚ですから、自然界には存在しません。
ただし、川に捨てられたグッピーが独自に繁殖している場合もあります。(通称、野良グッピー)
形も色もほぼ原色になっていて、グッピーとは思えない色ですが・・。

それではブルーグラスグッピーの飼い方についてチェックしてみましょう!

繁殖力がとんでもなく強い。
飼いきれなくなった」なんてことにならないよう、数をしっかり制御すること!これも飼い主の仕事だぞ。
スポンサーリンク

飼育難易度

飼育難易度はかなり低いです。
逆に、数が増えすぎて困るほど。

熱帯魚を飼いたい初心者でも容易に飼育できますよ。

ただし、おすすめはしません。

というのも、グッピーは繁殖力がとっても強いんです。
数のコントロールができない初心者は、増えすぎて飼いきれなくなるほどです。

で、結局川に捨てる方が多いのですが、これは絶対ダメ。
生態系の破壊に繋がります。

購入する前に、増えすぎたグッピーを引き取ってくれるか確認を忘れずに。

スポンサーリンク

特徴

ブルーに輝く背びれと尾びれ、そして黒い斑点があるのが特徴。
大きな尾びれを揺らしながら泳ぐ姿はとっても綺麗ですよ。

特に形や発色が良くて、美しい個体は1匹で数万円もすることも。
数万のブルーグラスグッピーは、1匹だけでも存在感があり、それだけで水槽が完成されてしまうほどです。

より美しい個体を作出すること」これこそが、グッピー飼育の醍醐味でもあります。
グッピーの美しさを競うコンテストも開かれるほどですよ。

感性のない俺には、よくわからない分野だなあ・・。
全部同じに見えてしまう・・。

また、水草との相性も抜群です。
陰性植物で揃えられたレイアウトに、ブルーグラスグッピーが優雅に泳ぐ水槽を見たことがありますが、本当に綺麗でした。
グッピーよりもネオンテトラとか、そっち系が好きなのですが、あの水槽だけは本当に綺麗でした。また、繁殖力が非常に高いのも特徴。
何度も言いますが、増えすぎる点には注意が必要です。
増えすぎて困った場合は、ショップに持ち込むかオークションで売るなどしてください。

川に放流は絶対にだめですよ。
グッピーは外来種なので放流したら、罰せられることがあります。

最後に、グッピーには国産と外国産があります。

外国産は長時間の移動で、弱ってしまった個体や病気をもった個体が多いです。
外国産よりも高くなりますが、できるだけ国産の購入をお勧めします。

飼育データ

名称ブルーグラスグッピー
学名Poecilia reticulata var. (Peters,1859)
難易度★☆☆☆☆
カテゴリグッピー/めだか
大きさ約4cm
水質中性〜弱アルカリ性 ※弱酸性でも可
水温20℃〜28℃ ※推奨温度は25℃くらい
寿命約3年
価格¥500〜

iconicon

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

繁殖について

ブルーグラスグッピーの繁殖はとっても簡単です。
基本、放置しておけば勝手に増えます。

オス・メスの判別は、メスのほうがふっくらと大きく育ちます。
オスはシュッとしていて、発色が綺麗。

繁殖自体は簡単ですが、とっても奥が深いです。
繁殖を極めようとすると、正直ここだけでは説明しきれないほど。また、別のグッピーペアを交配させることで、違う色を作ることもできます。

遺伝子だったり、正直自分もここらへんはよくわかりません。
近親同士の交配だと奇形が生まれたり、なかなか目的の色が作れなかったりとても奥が深いんです。

ということで、グッピーの遺伝については、Charm様に丸投げします!

性格

ブルーグラスグッピーは、とても温和な性格。
どんな種とでも混泳可能です。

ただ、大きな尾びれを他の魚に齧られるなど、トラブルも起きる場合があります。
せっかく美しい尾びれを持ってるのに、かじられてボロボロだったら可愛そうです!

そこで、泳層が違う熱帯魚との混泳がおすすめ。
たとえば、低層付近で、同じ水質を好むコリドラスなどがいい感じですよ。

ブルーグラスグッピーの販売情報

ブルーグラスグッピーが購入できるショップ情報はこちら!

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する
スポンサーリンク



|熱帯魚一覧||HOME||水草一覧|
タイトルとURLをコピーしました