【フグ】アベニーパファーの飼い方

アベニーパファー その他の熱帯魚

アベニー・パファーってどんな魚?

アベニー・パファーは約3センチほどの小型淡水フグです。
自然界では、主に甲殻類を食べて生活しています。

可愛らしい見た目とは裏腹に、とっても凶暴な性格だ!
混泳にはマジで注意してくれ!

 

今回は、アベニーパーファーの飼い方についてご紹介します。

アベニー・パファーの飼育難易度

飼育難易度はそれほど高く有りません。
ですが、凶暴な性格なため、混泳水槽では、トラブルメーカーでもあります。

例えば、他の熱帯魚のヒレをかじったり
最悪、死なせてしまうこともあります。

また、縄張り意識も強い魚です。
同種同士でよく喧嘩をします。

基本的に単独飼育がオススメ。
ただ、性格には個体差があって、問題ない場合もあるぞ。

 

餌付けが苦手な方は飼育が難しい?

そして、一番注意してほしいことは、人工餌に見向きもしない点。

 

「お腹がすけば人工餌も食べてくれるだろう」と思っていると、そのまま痩せて、拒食症になって死んでしまいます。
一度拒食症になったアベニーパファーは、治ることはほとんど無いので、特に注意しましょう。

「餌付けがなかなかできない」なんて方は、少し飼育が難しいと感じるかもしれません。
生き餌・冷凍赤虫は好んで食べるので、人工餌に餌付けできるまでは利用しましょう。

なんて贅沢ななヤツなんだ!!
オレなんて、赤虫も食ったことないのに!

 

フグ用の餌で「クリルグラニュール パッファー」という顆粒の餌が市販されています。
フグ用として作られているだけに、他の人工餌よりは食べてくれる確率が高いです。

餌付けが難しいなんて方は、試してみるのも良いかも?

クリルグラニュール パッファー 汽水ふぐ用 顆粒タイプ 13g スプーン付き
iconiconicon

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

ちなみに、ショップによっては、すでに餌付けがされている場合があるので、何をあげているか確認するのもありです。
チャームでは、生き餌以外にこのような人工餌を与えているようです。

ff series 「ff num21」 フグ用フード ひとくちクリル
iconicon
icon

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

また、生き餌としてスネールもオススメ。

アベニーパファーがスネールを捕食する動画

水草についてくるスネールは繁殖力・生命力が非常に高いため、容易に増やすことが可能です。
別の小型水槽で繁殖しておけば、生き餌の代わりになってくれます。

フンの量が多いので、水質悪化に注意!

健康的なアベニーパファーは、とても大食漢で、糞の量がとても多い。
水質悪化の原因になるので、水換え頻度は少し多めにしましょう。

具体的な頻度は、環境によって大きく変わりますが、1週間に1回、3分の1が基本。
それでも水が汚れる(亜硝酸塩の量が多い)場合が多いので、1週間に2回と、回数を増やしてみてください。

最初のうちは、亜硝酸塩濃度を調べておこう。
慣れてくると、感覚でわかるようになるぞ。

 

少しでも水換えの手間を減らしたい場合、水草を植えると良いですよ。

オススメの水草は

光量があまり必要無い上に、浄化能力が高いのでおすすめですよ。

中でもハイグロフィラポリスペルマは、成長速度がとんでもなく早く、コケに侵されにくい水草でもあります。

また、アベニーパファーは、眠る時何かによりかかるようにして眠ります。
そんなかわいい姿を観るためにも水草は必要ですね!

 

水草にハマると、お金が吹っ飛ぶから注意してな!
ちなみに、学生の頃合計10万以上貢いだことがあるぞ!

アベニーパファーの特徴

アベニー・パファーの特徴は、黄色と黒のマーブル模様です。
黄色い体色に浮かび上がる黒いマーブル模様は、フグ独特の丸みのあるフォルムと相まって、とても可愛らしい姿をしています。

そしてアベニー・パファーのオスならではの特徴として、目の後ろ側に光るラインがあります。
この美しいラインは、成熟するとともに、輝きを増します。

メスはというと、全体的に丸みを帯びた体型をしています。

といっても、オスもメスも甲乙つけがたいとってもかわいい姿ですよ。

そして、アベニーパファー最大の特徴は、その独特な泳ぎ方。
ゴールデンハニードワーフグラミーのホバリングとは違った、ふわふわと水中を漂うような泳ぎ方をします。

可愛らしい見た目と、特徴的な泳ぎ方がアベニーパファーの魅力ですね!

一番の魅力は泳ぎ方でも見た目でもない?

アベニー・パファーの魅力はこれだけではありません。
実は、人にとても懐くんです。

毎日餌やりをしていると、水槽に近づくだけで向こうから寄ってきます。
懐いたアベニーパファーは、ピンセットから直接餌をあげることもできます。

アベニーパファー
iconiconicon

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する
人間になつくなんて・・・。
この裏切り者!!
オレたちの仕事は、人間が近づいたら水草に隠れることだろう!?

アベニーパファーの繁殖

飼育も簡単であれば、繁殖も非常に簡単。
オス・メスのペアを一緒に入れている水槽では、勝手に産卵していることも。

ですが、繁殖をしっかり考えると小型水槽での飼育は不向きです。

産卵まで

アベニーパファーは、攻撃性・縄張り意識が強いため最低でも60センチ水槽は必要です。

目安として60~90センチ水槽で2ペア(4匹)程度。
喧嘩を起こさず、混泳させることができます。

水温は、通常の飼育水槽と同じくらい「25℃程度」に保ちます。

あとは、繁殖行動を行うまでじっと待つだけ。
オスがメスを追いかけるような行動をとります。

メスがオスを受け入れると、2匹がくっ付いて泳ぎだします。
そしたら、産卵用の水槽に移してください。

 

産卵用の水槽には、産卵床としてウィローモスミクロソリウム等の水草を入れておきます。

無事、産卵が終了したら、親が卵を食べてしまうことがあるので、親たちは元の水槽に戻ってもらいます。

産卵後

アベニーパファーの卵は、約1週間程度で孵化します。
卵の入った水槽は毎日の水替えとエアレーションを行ってください。

エアレーション、水換えを怠ると、卵に水カビが付着することがあります。

無事、孵化したら、数日はヨークサックを食べるので餌は必要ありません。
稚魚のお腹についてるオレンジ色をした玉みたいなものがヨーサックです。

1週間くらい経ったら(ヨーサックが消えたら)、餌を与えます。

稚魚は、通常の餌は大きくて食べられないので、ブラインシュリンプや、赤虫を砕いた物を与えます。

砕いた赤虫は、水を非常に汚すので、こまめに水替えをしましょう。

ただ、体の弱い稚魚は、急激な水の変化が苦手。
水換えの量を増やすよりも、頻度を増やすようにしてください。

身体の大きさが親と同じくらいになったら、親と一緒にしても大丈夫です。

アベニーパファーの性格

基本的にアベニーパファーは小さいながらも性格が荒く、縄張り意識がとても強い熱帯魚です。
混泳している別の熱帯魚のヒレをかじったり、最悪の場合死なせてしまうこともあるくらいです。

特に、エビは大好物で、すぐに食べられてしまうので、絶対に入れないようにしてください。

それ以外にも小型のカラシンはもちろん、底層を泳ぐコリドラスまで被害に遭うことがあります。
できるだけ単体で飼育した方が無難です。

どうしてもアベニーパファーと混泳させたい場合は、最低60センチの大きい水槽に水草等で隠れ家を作る(それでも危険かも)ようにしてください。

もちろん、個体によっては神経質なものもいたり、他の熱帯魚と混泳させてもほとんど攻撃しない者もいます。

アベニーパファーと混泳できるかどうかは個体の性格による部分が大きいです。

アベニー・パファーはかわいいし、懐くし、飼育も簡単だし人気だよな。
でも、攻撃性が高いってことだけは覚えておいてくれ。

詳細

大きさ 約3センチ
水質 弱酸性~弱アルカリ性
水温 22℃〜28℃ ※推奨温度は25℃くらい
寿命 約3年
価格 2匹で475〜800円

アベニーパファーの販売情報

アベニーパファーが購入できるショップ情報はこちら!

Charmで購入するicon
Amazonで購入する
楽天で購入する

執筆者:杠葉 狼(ゆずりは ろう)





|熱帯魚一覧||HOME||水草一覧|
タイトルとURLをコピーしました